中小引越し業者に引越しを依頼するメリットとデメリットとは?

ご存知でしたか?海外では、日本の引越し業者のレベルの高さに感動を覚える人が多いそうですよ。それは大手はもちろん、中小引越し業者だって、海外からすれば途轍もなく素晴らしいレベルなんです。そこで今回は、中小引越し業者に引越しを依頼するメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

中小引越し業者に依頼する際のメリットとは?

引越しを中小引越し業者に依頼するメリットとしていくつか挙げられますが、料金の安さがトップに挙げられるのではないでしょうか?
見積もりをしてもらった時に、値下げ交渉でかなり安くなることもあります。
また、格安料金の引越しだからと言って、サービスや荷物搬送の仕方、梱包の仕方や作業の質などが悪い訳ではまったくありません。
規模が小さい業者が多いだけに、見積もり担当者が当日の作業担当だったりと安心できる部分があり、スタッフのチームワークの良さが光る中小引越し業者も多いと言えます。

中小引越し業者に依頼する際のデメリットについて

中小引越し業者に引越しを依頼するデメリットについては、やはり大手との対応の違いでしょう。
その中でもエリアの問題があります。
大手であれば長距離の引越しでも安心して依頼することができますが、中小引越し業者になると引越し先に支店がなく、対応してもらえないことがあります。
また、サービスや補償範囲においても大手には劣る場合が多々あります。
もちろんそれぞれの業者によって異なりますが、万一の場合どれだけ補償をしてもらえるのか、事前に確認するのが良いでしょう。

引越し業者ってどうやって決めたら一番いいの?

日本では現在200以上もの引越し業者が存在すると言われています。
その中から自分にあった引越し業者を選ぶのは、大変なことに感じるかも知れません。
そんな時、自分の引越しの状況について客観的に考えてみるといいかも知れませんね。
例えば、近場の引越しで荷物がそれほどなく、高価な家具などもそれほどない場合は、中小引越し業者にお願いして費用を抑えた引越しをするのも良いでしょう。
一方、長距離の引越し、引越しにしくい場所への引越し、大事な家具類がある引越しなどは、大手の引越し業者にお願いしても良いでしょう。
それぞれのスタイルに合わせた引越し業者を選ぶことによって、満足のいく引越しをすることができるのではないでしょうか。

いずれにしても、比較検討する必要はあります。
引越しで残念な思いをする前にこのサイト、そして口コミや業者比較などを事前チェックをし、気持ちの良い引越しをしましょう。