どうしたらわかる?良い引越し業者と悪い引越し業者の見極めポイントとは?

引越しは運次第、という言葉を耳にすることがあります。
良い引越し業者に当たればラッキー、そうでなければ諦めるしかない。
しかし、本当にそうなのでしょうか?
そこで今回は、良い引越し業者と悪い引越し業者の見極めポイントをご紹介したいと思います。

良い引越し業者を見極めるためのポイントとは?

誰もが良い引越し業者に当たりたいと願っていることでしょう。
良い引越し業者を見極めるには、下記のポイントにその業者が適っているかが肝心と言えます。

  • 対応が良いか
  • 適正な料金を提示してくる
  • 補償はしっかりしてもらえるか

まず対応に関してですが、問い合わせをする際の電話対応にはじまり、見積もりをする営業マンが依頼者の立場に立って引越しの説明や会社のサービスを丁寧に説明してくれるか、突っ込んだ質問にもきちんと解答してくれるか、などが含まれます。
次に価格の点ですが、値引き交渉に快く応じてくれるところが良い引越し業者と言えるでしょう。
また、標準引越運送約款に基づいたどんな補償を受けることができるのか、依頼者側に分かるように説明してくれる引越し業者なら、たとえ作業中にハプニングが生じたとしても安心して依頼することができるでしょう。

悪い引越し業者はこんな業者!

悪い引越し業者に当たってしまうと引越しの満足度が低くなってしまい、せっかく引越しで心機一転しようと思っていたのに出だしを挫かれることになり兼ねません。
もちろん悪い引越し業者は、評判も良くないのですぐに見極めることができますが、下記のポイントが悪い引越し業者を見極める際に気をつけたい点となります。

  • 営業マンが横柄な態度
  • 作業員の教育がなっていない
  • 事前金を要求してくる

まず、営業マンは業者の顔です。
いくら安くても、いくらネームバリューのある引越し業者でも、横柄な態度の営業マンを送ってくるようでは、悪い引越し業者とみなされても仕方がありません。
また、作業員の質も重要なポイントですが、こればかりは当日になってみないと分かりません。
しかし、社員教育をきちんとしているかどうか、営業マンに尋ねてみるなら多少はその業者の作業員の質も判明することもあります。
事前金に関しては、手付金として引越し前にお金を要求することは標準引越運送約款で禁止されています。
そのため、もしも事前にお金を要求してくるような業者だった場合、悪徳業者であると考えられますので注意が必要です。

引越し業者の見極めで大事なのは評判を知ること

良い引越し業者と悪い引越し業者の見極めポイントをいくつかご紹介しましたが、実は一番信頼できる見極め材料となるのは、実際に業者を利用したことがある人々の「評判」です。
ネットなどで簡単にある程度の「評判」を知ることができるので、参考にしてみるのも一つの方法と言えるのではないでしょうか。