どうしたらわかる?良い引越し業者と悪い引越し業者の見極めポイントとは?

引越しの見積もりには、概算見積もりと正式見積もりの2種類があります。
電話やネットでおよその見積もりをしてもらうのが概算見積もり。
営業マンが自宅訪問に来て、荷物を確認してから出す見積書が正式見積もり。
今回は、そんな正式見積もりに関する注意点をご紹介したいと思います。

見積書で注意したいポイントについて

見積書で一番気になることと言えば、料金でしょう。
引越し業者によって時間制を取る場合と距離制を取る場合があります。
それぞれの方法によって料金に違いがでますので、きちんと確認するようにしましょう。
また、作業内容に関してもどこまで引越し業者が行ってくれるのか、しっかり確認しておくことが大切です。
自分で荷造りをする引越しで、もしも引越し当日までに荷造りが出来ていない場合、追加料金が発生する場合もあるので注意しましょう。
次に、引越し業者の提供するオプションサービスの確認をします。
業者によっては、見積書に代金が含まれていない場合もあるので、もしもオプションサービスを申し込んだのであれば確認しておきましょう。
そして、梱包資材についてもそれらの資材の料金をチェックするようにしましょう。
どんな資材がどれくらいの数支給され、それらにどれくらいの料金が掛かるのか、細かい点ですがしっかり確認するようにすべきでしょう。

見積書と一緒に渡される他の書類も確認しておこう

見積書と一緒に渡される他の書類の中には、キャンセル料についてや補償内容について詳しく記載されていることでしょう。
これらにもしっかり目を通して確認をしておくならば、引越しがキャンセルになったり、日付を変更しなければいけない事態が生じた場合でも、引越し業者と揉めることはないと言えます。
補償内容についても、標準引越運送約款に基づいてどこまでが補償対象なのか、もしもの事態に備えてきちんと確認しておくようにしましょう。

見積もりの際に注意する点のまとめ

その他にも見積もりの際に以下の点に注意することができるでしょう。

  • 料金形態と引越しの料金
  • 引越しの支払い方法と支払いの時期
  • 引越しの作業内容について(スタッフの人数やトラックの台数、引越し業者の当日行う作業)
  • 梱包資材の数量と料金(有料が無料か、追加料金は発生するか)
  • オプションサービスの確認(見積書に料金が含まれているかなど)
  • 布団袋や衣類のためのハンガーボックスは利用可能か
  • 不用品の引き取りはしてもらえるか(有料であれば料金もチェック)
  • 引越し後のダンボール回収はしてもらえるのか(有料か無料か、有料であれば料金もチェック)
  • キャンセル料や補償についての記載があるか