赤帽引越しのメリットとデメリット

赤帽引越し業者という引越し業者を知っていますか?
ネットで単身の引越し業者を調べると「赤帽なら格安引越しができる!」という情報が出てきます。

これは本当です。
条件が合う方なら赤帽を利用することで、引越し料金を安く抑えることができます。
しかし、全ての方に赤帽はおすすめできません。
それは赤帽にはメリットもあればデメリットもあるからです。

赤帽引越しについて


赤帽とは、全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会の略称です。
赤帽の実体は沢山の貨物運送事業者が集まって出来た事業協同組合です。つまり、運送業を営む個人の集まりということです。

そのため地域に赤帽を営む個人事業主がいないと、赤帽に引っ越しを依頼することはできません。自分の引越し地域に対応した赤帽がいるかどうかは、赤帽の公式ページから簡単に調べることができます。
【参考情報】
赤帽公式HP

赤帽の特徴、サービス内容


赤帽の引越しは、社員数人で行う引越しスタイルとは違い、個人が軽トラックやパネルバントラックを用意して、ドライバー兼作業員として引越し作業を行います。

トラックの積載量に限りがあるので荷物の多い家族での引越しや、複数の県に跨るような長距離の引越しは赤帽の業者によっては難しいでしょう。

また大きな家具や洗濯機などの運搬は1人での作業が難しいので、依頼人が一緒になって手伝う必要もあります。

さらに大手業者では当たり前のように準備してくれるダンボールは用意してもらえないので、自分で調達する必要があります。

このように色々と手間や条件がありますが、赤帽は、それを補って余りある程に低価格な料金設定をしています。

赤帽の料金は、引越し作業時間と引越し先までの走行距離で決まります。
そのため作業時間が短く、同じ地域での単身の引っ越しでは、大手引越業者の単身パックと比較しても格安な引っ越し料金で引っ越しができるでしょう。

また、赤帽は個人で事業を行っているので、信用を大切にしており対応も良いので、赤帽を使った方の評判は良く満足度も高い傾向に有ります。

いざという時大丈夫なの?


赤帽は個人事業主なので、いざという時は大丈夫なのか?と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

大手引越業者は、標準引越運送約款という国土交通省が出している引越し業者が守るべき条件を定めた約款に縛られているので、利用者はこの約款で保護されています。

しかし赤帽は正確には軽貨物運送業者になるので、標準引越運送約款には縛られていません。
その代わりに赤帽は標準貨物軽自動車運送約款に縛られています。

この標準貨物軽自動車運送約款には、いざという時に赤帽に責任がある場合には赤帽が補償する義務があると定められており、標準引越運送約款と同じように利用者を保護しています。
そして、いざという時の為に赤帽は貨物保険に加入しています。
【参考情報】
標準軽自動車運送約款

法律でも定められ保険にも加入しているので、赤帽を利用していていざという時に何かあっても安心です。

赤帽引越しのメリットデメリットまとめ


赤帽のメリット
●値段が格安
●対応が良く満足度が高い

赤帽引越しのデメリット
●引き受けられる荷物の量や走行距離に限りがある
●梱包だけでなく、荷物の運搬を多少手伝う必要がある

赤帽引越しに依頼する前に


赤帽は条件が合えば格安引越しができます。
しかし引越し自体そんなに頻繁にするものではありませんし、相場も分からず、引越しの値段が安いかどうかなんて普通なかなか分からないですよね。

なので赤帽に依頼する前にネットの引越し一括見積もりサイトを利用して、複数の引越し業者に見積もりを依頼し引越し相場を調べましょう。

場合によっては、赤帽よりもアート引越センターや、サカイ引越センター、カルガモ引越センターなどの大手引越し業者の方が安く引越しができることも有ります。

また赤帽に他の業者の方が安いと話をすれば価格を引き下げてくれることも有るので、赤帽に頼むにしろ、他の業者にするにしろ、一括見積もりサービスを利用して複数の業者から見積もりを貰うのが良いでしょう。